参照

※本ページは動作環境の概要となります。詳細は開発元 FAQ(英語) をご確認ください。

 

◾️ブラウザ

Edge Microsoft Edge 92
Mozilla Firefox 70
Google Chrome 78
Safari 14

 

◾️ソフトウェア要件

ファイルサーバ

OS ファイルシステム エディション

Windows

(Standard と Enterprise エディション)

New Technology File System (NTFS)
  • Windows Server 2022 (64-bit)
  • Windows Server 2019 (64-bit)
  • Windows Server 2016 (64-bit) 
  • Windows Server 2012 R2 (64-bit) 
  • Windows Server 2012 (64-bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64-bit)

Windows

(Standard と Enterprise エディション)

Resilient File System (ReFS) 1.1, 1.2, 2.0, 3.0, 3.1
  • Windows Server 2022 (64-bit)
  • Windows Server 2019 (64-bit)
  • Windows Server 2016 (64-bit) 
  • Windows Server 2012 R2 (64-bit) 
  • Windows Server 2012 (64-bit)

Windows

(Standard)

New Technology File System (NTFS) Windows Small Business Server (SBS) 2011 (64-bit)
Linux
  • Extended file system (EXT) version 3 and 4
  • XFS
  • CentOS 7.x , 8.3, and 9.x (64-bit)
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)  7.x, 8.3, 9.0, and 9.1 (64-bit)
  • Oracle Linux 6.x, 7.x, 8.7, and 9.0 (64-bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12.x, and 15.4 (64-bit)
  • Amazon Linux 2
Ubuntu Extended file system (EXT) version 3 and 4

 

  • Ubuntu 16.04 (64-bit)
  • Ubuntu 18.04 (64-bit)
  • Ubuntu 20.04 (64-bit)
  • Ubuntu 22.04 (64-bit)

※Druva は、FAT、FAT32、exFAT などの非 VSS パーティション上のファイルとフォルダーのバックアップもサポートしています。

 

Hyper-V

OS エディション
Windows
  • Windows Server 2022 (Standard および Datacenter エディション)
  • Windows Server 2019 (Standard および Datacenter エディション)
  • Windows Server 2016 (Standard および Datacenter エディション)
  • Windows Server 2012 R2 (Standard および Datacenter エディション)
  • Windows Server 2012 (Standard および Datacenter エディション)
  • Windows Server 2008 R2 (Standard および Enterprise エディション)

※Windows Server 2008 R2 ホスト上の仮想マシンを管理するために SCVMM を使用している場合:

  • Hybrid Workloads エージェントをアクティブ化するときに、(設定に基づいて)スタンドアロンまたはクラスターのタイプを選択します。SCVMM を使用してホストを登録する場合は、種類を scvmm として選択しないでください。
  • Druva は、SCVMM を介した Microsoft Windows Server 2008 R2 ホストの登録をサポートしていません。

このセクションには、Druva がサポートする Azure Stack HCI に関する情報が含まれています。

OS エディション
Microsoft Azure

Azure Stack HCI v21H2

※ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)による仮想マシンバックアップは、Azure Stack Azure Stack HCI v21H2オペレーティングシステムを搭載したAzureホストでは適用できません。したがって、DruvaはこれらのAzureホストでのVSSバックアップおよび復元操作をサポートしません。

 

ファイル・レベル・リストア(FLR)用のパーティション・タイプとファイル・システム

Windows:

  • Primary

  • Extended

  • Basic disk (Partition type: MBR/GPT)

  • Dynamic disk (Partition type: MBR. (simple/spanned volume)

Linux:

LVM (Simple/Spanned/Mirror/Stripped)

File-systems:

  • NTFS

  • FAT

  • FAT32

  • Ext2/3/4

  • XFS

FLR プロキシのソフトウェア要件
FLR プロキシを展開してアクティブ化する前に、Hyper-V ホスト上の次のプロキシのシステム要件が満たされていることを確認してください。

  • メモリ:2GB
  • vCPU: 2

これは、2 つの復元ジョブの場合に推奨される構成です。 複数のリストア ジョブを実行する場合は、メモリと vCPU の数を増やします。

 

MS-SQL server

Druvaは、プラットフォームのサポートレベルを次のように分類しています。

  • 認定プラットフォーム:
    認定プラットフォームは、品質保証 (QA) チームによって完全にテストされます。Druvaはこれらの環境を認定し、すべてのクラウドリリースで定期的なテストを実行して、機能が期待どおりに機能することを確認します。
     
  • サポートされているプラットフォーム:
    サポートされているプラットフォームは、クラウドリリースごとにDruva QAチームによってテストされているわけではありませんが、機能は期待どおりに動作するはずです。Druvaはそのようなプラットフォームのサポートを提供します。商業的実行可能性を超えた時間とリソースを必要とする問題は対処されない可能性があります。

認定プラットフォーム

Windows Server (64-bit) - Standard Edition および Enterprise エディション SQL Server のエディション
Windows Server 2019
  • SQL Server 2022
  • SQL Server 2019
Windows Server 2016 (x86-64)
  • SQL Server 2022
  • SQL Server 2019
  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2016 SP1 
  • SQL Server 2014
Microsoft Windows Server 2012 R2
  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2016 SP1
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2012 Service Pack (SP) 2
  • SQL Server 2008 Service Pack (SP) 4
  • SQL Server 2008 R2 SP 3
Microsoft Windows Server 2012 
  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2016 SP1
  • SQL Server 2012 SP 2
  • SQL Server 2008 R2 SP 3
  • SQL Server 2008 RTM
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP 1
  • SQL Server 2012 SP 2
  • SQL Server 2008 RTM
Microsoft Windows Server 2008 R2
  • SQL Server 2008 R2 SP 3
  • SQL Server 2008 RTM

※Express エディションはサポートされていません。

 

NAS

Druvaは、NASデバイスに対してベンダーに依存しないサポートを提供します。SMBおよびNAS共有でサポートされているプロトコルは次のとおりです。Druva は、構成が次の NAS プロキシ マッピングに準拠している場合に、バックアップと復元を実行できます。

 

NAS の共有タイプ NAS デバイスのマッピング先 検出される共有
CIFS/SMB Windows NAS proxy CIFS/SMB
NFS Linux NAS proxy NFS
CIFS/SMB and NFS Windows NAS proxy CIFS/SMB
CIFS/SMB and NFS Linux NAS proxy NFS
CIFS/SMB and NFS Windows NAS proxy and Linux NAS proxy CIFS/SMB and NFS

 

NAS プロキシのソフトウェア要件

OS エディション 考慮事項
Windows
  • Windows Server 2022 (64-bit)
  • Windows Server 2019 (64-bit)
  • Windows Server 2016 R2 (64-bit) 
  • Windows Server 2012 R2 (64-bit) 
  • Windows Server 2008 R2 (64-bit) 
Druva は、それぞれの Windows Server バージョンでサポートされているすべての SMB 共有バージョンからのバックアップと復元をサポートします。
Linux
  • CentOS 7.x, 8.3, and 9.x (64-bit)
  • Ubuntu 16.x, 18.x, 20.x, and 22.x (64-bit)
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.x, 8.x, 9.x (64-bit)
  • Oracle Linux 6.x, 7.x, 8.x, and 9.x (64-bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12.x and 15.x (64-bit)
  • Amazon Linux 2
Druva は、各 Linux サーバーのバージョンとバリアントでサポートされているすべての NFS 共有バージョンからのバックアップと復元をサポートします。

 

Oracle Druva Backup Store のソフトウェア要件

 

スタンドアロンインスタンス

 

Oracle Database  ホスト OS (64-bit)

Oracle Database 19c (19.3.0.0.0) - 64-bit production

  • Oracle Linux 7.x
  • Red Hat Enterprise Linux Server 7.x
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
Oracle Database 18c (18.3.0.0.0) - 64-bit production Oracle Linux 7.x

Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64-bit production

  • CentOS 7.x
  • Red Hat Enterprise Linux Server 7.x
  • Oracle Linux Server 7.x
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64-bit production

  • Red Hat Enterprise Linux Server 7.2-7.7
  • Red Hat Enterprise Linux Server 6.7
  • Oracle Linux Server 6.10
  • Windows Server 2012 R2 Standard Edition
  • Windows Server 2008 R2

Druva は、Solaris 上で実行されている Oracle インスタンスをバックアップおよび復元することもできます。 詳細については、サポートにお問い合わせください。

 

Real Application Cluster

Oracle Database バージョン

ホスト OS (64-bit)

Oracle Database 19c (19.3.0.0.0) - 64-bit production

  • Red Hat Enterprise Linux Server 7.x
  • Oracle Linux Server 7.x

Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64-bit production

Oracle Linux Server 7.x

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64-bit production

  • CentOS 6.4 and later, 7.x
  • Oracle Linux Server 6.x, 7.x

 

データ、制御、またはパラメータファイルのいずれにも共有ストレージが使用されていない場合、Phoenix Backup Store はマルチノード RAC セットアップをサポートしません。 これらのファイルのいずれかがノードのローカル ストレージに保存されている場合、バックアップが失敗する可能性があります。

 

Oracle Direct to Cloud のソフトウェア要件

 

Oracle Editions (64-bit) Oracle Linux Host (64-bit) Red Hat Enterprise Linux Server Host (64-bit) CentOS Host (64-bit) SUSE Linux (64-bit)
Enterprise Editions
  • Oracle Database 19c Release
  • Oracle Database 18c Release
  • Oracle Database 12c Release
  • Oracle Linux 8.x UEK
  • Oracle Linux 7.x UEK
  • Oracle Linux 6.8 UEK
  • RHEL 8.x
  • RHEL 7.x 
  • CentOS 7.x
  • SUSE Linux 12 SP2
Standard Editions
Oracle Database 12c Release Oracle Linux 7.x UEK - CentOS 7.x  
Oracle Database 18c Release - - CentOS 7.x  

※Druva for Oracle は、英語以外の Oracle データベース エディションおよび英語以外のオペレーティング システムではサポートされません。

 

VMware

vCenter Server ESXi Host Backup Proxy Compatibility

8.0

  • 8.0
  • 7.0
  • 6.7

6.3.1-299480 以降

7.0

  • 7.0
  • 6.7
  • 6.5

4.8.15_96907 以降

6.7

  • 6.7
  • 6.5
  • 6.0

4.7.2-42700 以降

6.5

  • 6.5
  • 6.0
  • 5.5
  • 4.7.2-42700 以降
  • 4.6.9-27415 to 4.7.2-42106

※Druva では、VMware vCenter Server をサポートされている最新バージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。
自動アップグレードは、バージョン 4.8.0 より前のプロキシではサポートされません。 最新の RPM を手動でインストールする必要があります。 詳細については、「 Installing RPM for auto-upgrade.」を参照してください。
Druva は、DataSet を使用して vSphere 8.0 をサポートします。 したがって、vCenter Server と ESXi は両方ともバージョン 8.0 以降である必要があり、仮想マシンのハードウェア バージョンはバージョン 20 以降である必要があります。 DataSet ファイルの詳細については、「vSphere DataSet」を参照してください。
vSphere 8.0 は、IR エージェントとして認定されていません。
ロード バランサがジョブを VMware バックアップ プロキシに分散する場合、DataSet リカバリと互換性がないため、DataSet ファイルはバックアップされません。

 

ゲスト OS

OS エディション

Windows

  • Microsoft Windows Server 2019 (Standard, Datacenter)
  • Microsoft Windows Server 2016 (Standard, Datacenter)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 (Standard, Datacenter)
  • Microsoft Windows Server 2012 (Standard, Datacenter)

Druva は、仮想マシンのイメージレベルのバックアップを実行します。 したがって、仮想マシンに対してアプリケーション対応処理を有効にする計画がない限り、Druva はゲスト オペレーティング システムを使用して仮想マシンをバックアップし続けます。

Linux

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.0 , 7.1-7.5
  • CentOS 7.0 , 7.1-7.5
  • Ubuntu 14.04, 16.04
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 , 12 SP 3 
  • VMware Photon OS

 

アプリケーション対応バックアップでサポートされているSQLアプリケーションのバージョン

Windows Server (64-bit) - Standard Edition および Enterprise エディション SQL Server のエディション

Windows Server 2019

  • SQL Server 2019

Windows Server 2016 (x86-64)

  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2016 SP1 
  • SQL Server 2014

Microsoft Windows Server 2012 R2

  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2016 SP1
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2012 Service Pack (SP) 2
  • SQL Server 2008 Service Pack (SP) 4

Microsoft Windows Server 2012 

  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2016 SP1
  • SQL Server 2012 SP 2
  • SQL Server 2008 R2 SP 3

※Express エディションはサポートされていません。

 

ファイル・レベル・リストア(FLR)用のディスク、パーティション、ファイル

 

 

Partition Types

  • Primary
  • Extended
  • Logical Disk Manager (LDM): 
    • Windows
      • Basic disk (Partition type: MBR/GPT) 
      • Dynamic disk (Partition type: MBR. Partition can have simple or spanned volume.)
      • Dynamic disk (Partition type: GPT. Partition can have all volume types.)
    • Linux
      • MBR  (Simple/Spanned/Mirror/Striped) 
      • GPT (Simple/Spanned/Mirror/Striped)

File Systems

  • NTFS
  •  FAT
  •  FAT32 
  •  Ext2/3/4
  • XFS
  • Btrfs

File Type

  • Regular Files
  • Sparse Files
  • Hidden Files

 

動的 GPT でサポートされている OS、ファイル システム、およびボリュームの種類

アイテム

サポート

Operating System

(source backup set)
 

  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2022

File Systems

  • NTFS
  • FAT
  • FAT32
  • *REFS

Volume Type

  • Simple
  • Striped
  • Spanned
  • Mirror
  • RAID-5

※あらゆるタイプのボリューム上の REFS ファイルシステムの場合、ブラウズとその後のリストアを成功させるためには、ステージングVMはソースバックアップセットのOSバージョンか、その次の上位バージョンのどちらかにする必要があります。
例えば、ソース・バックアップ・セットが Windows 2016 の場合、ステージング VM のサポートされるOSバージョンは 2016、2019、2022です。

 

vSAN versions

Druva バックアップ プロキシは、次の vSAN バージョンでの仮想マシンのバックアップと復元をサポートしています。

  • 8.0
  • 7.0
  • 6.6
  • 6.5

  • VMware 仮想インフラストラクチャのバックアップ プロキシは、ESX および vSPhere vStorage API (VADP) と統合して、バックアップとリストアを実行します。

  • ESX/vSphere ホストに vStorage API のライセンスが付与されていない場合、バックアップおよびリストア操作は失敗します。

  • ESX/vSphere ホストに vStorage API のライセンスがあるかどうかを確認するには、こちらをクリックしてください 

 

Nutanix AHV

Druva は、基盤となるハイパーバイザーとして AHV をサポートします。 Druva は、AOS バージョン 5.20 から AOS バージョン 6.5 までのすべての長期サポート (LTS) および短期サポート (STS) リリースをサポートします。 Druva は Community Edition (CE) リリースをサポートしていません。 Druva は、Nutanix がサポートするすべてのゲスト オペレーティング システムをサポートします。 詳細については、「Nutanix Compatibility Matrix」を参照してください。

OS エディション
Windows
  • Microsoft Windows Server 2019
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012

Linux

  • Ubuntu 20, 16, 14.04, 12.04
  • Centos 7.8, 5.3
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.8, 6.3
  • SUSE Linux Enterprise Server 11 SP 1 (openSUSE used, because SLE is not available)

ファイル レベルの復元(FLR)用のディスク、パーティション、ファイル

アイテム サポート
Partition Types
  • Primary
  • Extended
  • Logical Disk Manager (LDM)
  • Windows
    • Basic disk (Partition type: MBR/GPT) 
    • Dynamic disk (Partition type: MBR/GPT. Partition can have spanned, simple, striped, and mirrored volume.)
  • Linux
    • Logical Volume Manager (LVM)
    • MBR  (Simple/Spanned/Mirrored/Striped) 
    • GPT (Simple/Spanned/Mirrored/Striped)

File Systems

  • Windows
    • FAT32
    • FAT
    • NTFS
  • Linux
    • FAT
    • FAT32
    • NTFS
    • Ext2/3/4
    • XFS
    • Btrfs
       
※基本ディスク タイプの場合、ハイブリッド ワークロード エージェントは <ドライブ文字>: を読み取ることができません。
Druva は次のディスク タイプをサポートしていません。
  • CDROM(CDROMの内容はバックアップされません)
  • ボリューム グループ (VG) ディスクを含む VM
 
CloudCache
 

Druvaのポートと通信プロトコル

Software requirements for SAP HANA

Hybrid Workloads for SAP HANA supports the following operating systems:

  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12,15 

  • Red Hat Enterprise Linux 7,8 

Ports and communications protocols for SAP HANA

Druva communicates with your SAP HANA system through secure protocols and ports. To ensure security, Druva uses Transport Layer Security (TLS) protocol. 

Note: If a firewall is set up, allow outbound TCP/IP traffic to *.druva.com through port 443.

The following ports should be open for internal communication within the cluster:

  • 20000 to  20100
  • 21000

In the following diagram, you can see the ports and protocols used.

network_diagram.png

 

◾️ハードウェア要件

Hybrid Workloads エージェント インストーラー、VMware バックアップ プロキシ アプライアンス、Hyper-V FLR プロキシ アプライアンス、Phoenix Backup Store パッケージ、および CloudCache インストーラーは、http://downloads.druva.com/phoenix/ で入手できます。

サーバー登録時にインストーラーをダウンロードすることもできます。

 

前提条件

このセクションでは、ハイブリッド ワークロード エージェントの前提条件について説明します。この構成は、一度に 1 つのバックアップまたは復元ジョブに適用できます。

適用対象:

  • Hyper-V 仮想マシン
  • サーバー上のファイル
  • MS-SQL サーバー

エージェントをインストールするためのハードウェア要件

ハードウェア

最小要件

CPU

  • 3 コア
  •  仮想マシン上では 3 vCPU
RAM 3 GB

Free space

  • Windows および Linux サーバーでは、総ソースデータの 2% が Phoenix アプリケーションデータに使用されます。
     アプリケーションデータは次の場所に格納されています。
    • Windows 2012 Server
      C:\ProgramData\Phoenix
    • Windows 2008 R2 Server
      C:\ProgramData\Phoenix
    • Linux
      • /var/log/Phoenix
      • /var/Phoenix 
  • Windows サーバーでは、ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)スナップショット用に、少なくともバックアップする各ボリュームサイズの 10% が必要です。

 

Hyper-V FLR プロキシのハードウェア要件

FLR プロキシを展開してアクティブ化する前に、Hyper-V ホストのプロキシの次のシステム要件が満たされていることを確認してください。

  • メモリ: 2 GB
  • vCPU: 2

これは、2 つの復元ジョブに推奨される構成です。複数の復元ジョブを実行する場合は、メモリと vCPU の数を増やします。

 

Hyper-V ホスト上のファイル レベル リストア (FLR) でサポートされるディスク、パーティション、およびファイル

アイテム

認証済み

Disk Types

  • Thin
  • Thick

Partition Tables

  • MBR
  • GPT (Linux)

Partition Types

  • Primary
  • Extended
  • LDM (Only Simple and Spanned Volumes with MBR)
  • LVM (Simple/Spanned/Mirror/Striped)

File Systems

  • NTFS
  •  FAT
  •  FAT32 
  •  Ext2/3/4 
  • XFS

File Type

  • Regular Files
  • Sparse Files
  • Hidden Files

 

NAS shares のハードウェア要件

次の表では、ハイブリッド ワークロード エージェントが一度に 1 つのバックアップまたは復元ジョブを実行するために必要なハードウェア仕様について説明します。デフォルトでは、NAS用ハイブリッドワークロードエージェントは、6つのバックアップジョブを並行して実行するように構成されています。

ハードウェア

最小要件

CPU

  • 3 コア
  •  仮想マシン上では 3 vCPU

RAM

3 GB (per job)

空き容量

  • Windows および Linux サーバーでは、総ソースデータの 2% が Phoenix アプリケーションデータに使用されます。
     アプリケーションデータは次の場所に格納されています。
    • Windows 2012 Server
      C:\ProgramData\Phoenix
    • Windows 2008 Server
      C:\ProgramData\Phoenix
    • Linux
      • /var/log/Phoenix
      • /var/Phoenix 

 

 VMware のハードウェア要件

次の表に、仮想アプライアンスとして使用できるバックアップ プロキシを展開するための最小要件を示します。

バックアッププロキシの要件

バックアップ プロキシは、仮想アプライアンスとして使用できます。バックアップ プロキシを展開すると、次の表に示す構成の仮想マシンが作成されます。VMware セットアップで、この要件をサポートするリソースを割り当てることができることを確認します。

詳細については、「 Prerequisites to install the backup proxy」を参照してください。

 

Oracle Druva Backup Store のソフトウェア要件

Phoenix Backup Store は、次の場所に設定できます。

  • Ubuntu サーバー: Druva が提供する Debian パッケージを Ubuntu サーバーにデプロイし、Ubuntu サーバーを Phoenix バックアップストアとして使用します。
  • VMware セットアップ: Druva が提供するオープン仮想アプライアンス (OVA) パッケージを、サポートされている VMware/ESXi ホストにデプロイし、仮想マシンを起動します。この仮想マシンをPhoenix Backup Store として使用します。
  • アマゾン ウェブ サービス (AWS): Druva が提供する Debian パッケージを Ubuntu オペレーティングシステムを搭載した EC2 インスタンスにデプロイして、EC2 インスタンスを Phoenix Backup Store として使用します。

次のセクションでは、Phoenix Backup Store として使用できるシステムの推奨構成について説明します。

Phoenix Backup Store としての Ubuntu サーバー

次の表は、Phoenix Backup Store としてサーバーを使用するためにDebianパッケージを展開するUbuntuサーバーの推奨構成を示しています。 

ハードウェア/ソフトウェア

仕様

Operating system Ubuntu 18.04 (64-bit)
CPU 8 Cores
RAM 6 GB
Hard disks At-least 300 GB. 
ZFS pool configuration RAIDZ (Requires at-least three disks)
You can create a ZFS pool with less than three disks using RAID0 configuration.
ZFS compression LZ4
ZFS deduplication Off
ZFS record size 128 KB

 

Phoenix Backup Store としてのVMware vCenter/ESXi 上の仮想マシン

次の表では、Druva が提供する OVA パッケージを使用して作成し、Phoenix バックアップ ストアとして使用する仮想マシンの推奨構成について説明します。

ハードウェア/ソフトウェア

仕様

vCenter/ESXi versions 6.7/6.5/6.0
vCPU 8 Cores
RAM 8 GB
Virtual disk The OVA contains 3 virtual disks. Two disks of 100 GB capacity each to create the ZFS pool for backup and the third disk (sdd) of 200 GB capacity for restore. 
ZFS pool configuration RAIDZ (Requires at-least three virtual disks)
You can create a ZFS pool with the two attached disks using RAID0 configuration.
ZFS compression LZ4
ZFS deduplication Off
ZFS record size 128 KB

 ※Druva は、vCenter/ESXi バージョン 7.0 での PBS 展開もサポートしています。詳細については、サポートにお問い合わせください。

 

Phoenix Backup Store としての AWS EC2 インスタンス

次の表では、Debian パッケージをデプロイしてフェニックスバックアップストアとして使用できる AWS EC2 インスタンスの推奨設定について説明します。

 

ハードウェア/ソフトウェア

仕様

Instance type c5.4xlarge
Operating system Ubuntu 18.04 (64-bit)
CPU 16 Cores
RAM 32 GB
EBS Volume At-least 500 GB on a Throughput optimized GP2 (SSD). 
 
ZFS pool configuration RAIDZ (Requires at-least three volumes)
You can create a ZFS pool with less than three volumes using RAID0 configuration.
ZFS compression LZ4
ZFS deduplication Off
ZFS record size 128 KB

 

CloudCache のハードウェア要件

CloudCache R1

前提

最小要件

CPU

Windows:64-bit, quad-core processor

Linux:12 Core 

RAM

Windows:8 GB or greater

Linux:16 GB

ディスク領域

Linux:1 TB データディスク と 50 GB OS ディスク

ネットワークトラフィックルール

送信ネットワークトラフィック:CloudCache は、ポート 443 を使用して Druva Cloud に接続します。

受信ネットワークトラフィック: Hybrid Workloads エージェントは、ポート 443 を使用して Druva Cloud に接続します。

ファイアウォール

ファイアウォールが有効になっている場合は、「*.druva.com」のポート 443 へのすべての送信 TCP/IP トラフィックを許可します。

ウェブプロキシ Druva は、次のプロキシの種類をサポートしています。
  • HTTP
  • socks4
  • socks5

詳細については、次を参照してください。

CloudCache 3.3-7649 以降を使用するには、保護するサーバーに次のエージェントをインストールします。

  • Linux RPM バージョン 4.6.1-7433 以降。
  • Windows 64/32 ビット エージェント バージョン 4.6.1-7430 以降。

推奨されるエージェントを使用しない場合は、次のエラーが表示されます。

  • エージェントの PHOENIX 146 エラー
  • CloudCache の KeyError 101 エラー

CloudCache R2

前提

最小要件

CPU

16 コア

RAM

12 GB

ディスク領域

1 TB データディスクと 50 GB OS ディスク

ネットワークトラフィックルール

送信ネットワークトラフィック:CloudCache は、ポート 443 を使用して Druva Cloud に接続します。

受信ネットワークトラフィック: Hybrid Workloads エージェントは、ポート 443 を使用して Druva Cloud に接続します。

ウェブプロキシ Druva は、次のプロキシの種類をサポートしています。
  • HTTP

詳細については、次を参照してください。

 

SAP HANA のハードウェア要件

エンタープライズ ワークロード エージェントを SAP HANA サーバー ホストにデプロイするには、サーバー ホストが次の要件を満たしていることを確認します。

  • CPU: 4 コア (ジョブあたりの最小)

  • RAM: 6 GB (ジョブあたりの最小値)

  • 空き領域: ソース データの 2%

 

◾️ネットワーク要件

フィールド

要件

ネットワークトラフィックルール

Hybrid Workloads エージェント:

Hybrid Workloads エージェントは、ポート 443 を使用して Druva Cloud に接続します。

CloudCache:  

CloudCache は、ポート 443 を使用して Druva Cloud に接続します。

Hybrid Workloads エージェントは、ポート 443 を使用して Druva Cloud に接続します。

Druva Backup Store

Druva Backup Store は、ポート 443 を使用して Druva クラウドに接続します。

ファイアウォール すべてのエージェントと CloudCache の場合: ファイアウォールが有効になっている場合は、ポート 443 経由で *.druva.com へのすべてのアウトバウンド TCP/IP トラフィックを許可します。
ウェブプロキシ

Druva は、次のプロキシの種類をサポートしています。

  • http
  • socks4
  • socks5

詳細については、次を参照してください。

詳細については、「 Sizing for backup proxy」を参照してください。

 

◾️セキュリティに関する考慮事項

データ保護ソリューションを導入する際に見落とされがちな点の 1 つはセキュリティです。

Druva は転送中および保存中の情報のセキュリティを自動的に処理しますが、データ保護に関しては、組織が暗号化以外にも実装を考慮すべき他のセキュリティ メカニズムがあります。

次のセクションでは、組織がデータ保護ソリューションとして Druva を導入する際に考慮すべきセキュリティ上の考慮事項について説明します。

 

役割と責任

特権ユーザーが組織内のリソースに不正な変更を加えることを防ぐために、Druva は職務を分離する役割ベースのアクセス制御 (RBAC) をサポートしています。

この機能により、組織は、事前定義されたロールとデータ資産のセットに対する特権ユーザーのアクセスを制限できます。

この RBAC 機能により、プライバシーを強制するための倫理的な壁を構築したり、顧客の組織、コンプライアンス、またはセキュリティの要件を満たすために委任された管理構造を実装したりすることが可能になります。

Druva 展開に RBAC を追加するには、「 Manage administrators」を参照してください。

 

グローバルな規制コンプライアンス

データ保護戦略の一環として、組織はどこで事業を行っているか、データのセキュリティと可用性に関してどのような要件があるかを考慮する必要があります。

Druva を使用すると、組織はセキュリティ、コンプライアンス、データ アクセス、可用性の要件に応じて、12 のグローバル リージョンのいずれかにデータを保存できます。

データに近いことは、コンプライアンス要件だけでなく、災害発生時の復旧にかかる時間の短縮にも役立ちます。

 

シングルサインオン

Druva は、組織が Druva 環境を管理するための認証を一元化できるようにする SAML をサポートしています。

これにより、管理者は、現在すでに使用されている Okta、Ping Identity、Active Directory などの既存の一元的な認証メカニズムを活用できます。

シングル サインオン (SSO) を使用すると、Druva へのアクセスの可用性が保証され、監査とコンプライアンスの問題を引き起こし、セキュリティ リスクを引き起こすローカル認証ストアが排除されます。

Druva を SSO 認証メカニズムと統合するには、「 Configure single sign-on for Druva」を参照してください。

 

回復のテスト

データ保護戦略の一環として、通常の事業継続および災害復旧プロセスの一部であるかどうかにかかわらず、バックアップしているものが実際にバックアップされているかどうかを確認することが重要です。

 

結論 

転送中および保存中のデータの保護は、エンタープライズ レベルのデータ保護ソリューションの重要なセキュリティ機能ですが、データ攻撃対象領域全体の保護に関しては、考慮すべき問題がさらに多く、活用すべき機能がさらに多くあることは間違いありません。

Druva のセキュリティに関するその他の考慮事項を特定して実装するには、サポートにお問い合わせください。

 

◾️サポートされているストレージ領域

Druva Cloud および Druva GovCloud でサポートされているストレージリージョンは、サポート ポータルの「Cloud Status」ページに記載されています。

「Cloud Status」ページで関連するドーナツ グラフにカーソルを合わせるか、「VIEW DETAILS」をクリックして情報を表示できます。

 

 

4775136825487

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています