参照

エージェント

エージェント OS バージョン

エージェント for Windows

  • Windows XP Professional SP1(x64)、SP2(x64)、SP3(x86)
  • Windows Server 2003 SP1/2003 R2以降 – Standard および Enterprise エディション (x86、x64)
  • Windows Small Business Server 2003/2003 R2
  • Windows Server 2008:Standard、Enterprise、Datacenter、Web の各エディション(x86、x64)
  • Windows Small Business Server 2008
  • Windows 7:すべてのエディション(※)
  • Windows Server 2008 R2:Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation、Web の各エディション
  • Windows Home Server 2011
  • Windows MultiPoint Server 2010/2011/2012
  • Windows Small Business Server 2011:すべてのエディション
  • Windows 8/8.1 – Windows RT エディションを除くすべてのエディション(x86、x64)
  • Windows Server 2012/2012 R2:すべてのエディション
  • Windows Storage Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016
  • Windows 10 (Home、Pro、Education、Enterprise、IoT Enterprise、LTSC(旧称: LTSB)の各エディション)
  • Windows Server 2016:Nano Server 以外のすべてのインストールオプション
  • Windows Server 2019:Nano Server 以外のすべてのインストールオプション
  • Windows 11 – すべてのエディション
  • Windows Server 2022 – Nano Server 以外のすべてのインストールオプション

※Windows 7 を使用する場合、エージェントをインストールする前に Microsoft が提供する次の更新プログラムをインストールする必要があります。
・Windows 7拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)
・KB4474419
・KB4490628
SQLエージェント
Active Directoryエージェント
Exchangeエージェント(データベースバックアップとアプリケーション認識型バックアップ用)
各エージェントは上記の一覧で示す OS とサポートされているバージョンのアプリケーションを実行するコンピュータにインストールできます。
Mac エージェント

x64およびARMアーキテクチャ(Apple M1などのAppleシリコンプロセッサで採用)の両方がサポートされています。

※Appleシリコンプロセッサを搭載するMacに、IntelベースMacのディスクレベルバックアップをリカバリすることはできません。ファイルおよびフォルダをリカバリできます。

  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS Catalina 10.15
  • macOS Big Sur 11
  • macOS Monterey 12
  • macOS Ventura 13
  • macOS Sonoma 14

 

重要

バージョンC23.07以降の Cyber Protect Cloud では、次のオペレーティングシステムがサポートされません:

OS X Yosemite 10.10、OS X El Capitan 10.11、macOS Sierra 10.12

互換性を確保し、Cyber Protect Cloudの全機能を使用できるようにするために、オペレーティングシステムをサポート対象のバージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。

エージェント for Linux

次のLinuxディストリビューションとカーネルのバージョンは明示的なテストの対象となっています。ただし、Linuxディストリビューションまたはカーネルのバージョンが以下のリストに掲載されていない場合でも、Linuxオペレーティングシステムの仕様により、必要なすべてのシナリオにおいて正しく動作する可能性があります。

Cyber Protectionの使用中に、特定のLinuxディストリビューションとカーネルのバージョンの組み合わせで問題が発生した場合は、さらなる調査のために、サポートチームに連絡してください。

 

2.6.9〜5.16 のカーネルと glibc 2.3.4 以降を搭載した Linux(以下のx86とx86_64のディストリビューションが含まれます)

  • Red Hat Enterprise Linux 4.x, 5.x, 6.x, 7.x, 8.x*, 9.0*, 9.1*, 9.2*, 9.3*
  • Ubuntu 9.10, 10.04, 10.10, 11.04, 11.10, 12.04, 12.10, 13.04, 13.10, 14.04, 14.10, 15.04, 15.10, 16.04, 16.10, 17.04, 17.10, 18.04, 18.10, 19.04, 19.10, 20.04, 20.10, 21.04, 21.10, 22.04, 22.10, 23.04
  • Fedora 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 37, 38
  • SUSE Linux Enterprise Server 10、11、12、15
    ※Btrfsによる構成は、SUSE Linux Enterprise Server 12およびSUSE Linux Enterprise Server 15ではサポートされていません。
  • Debian 4.x, 5.x, 6.x, 7.0, 7.2, 7.4, 7.5, 7.6, 7.7, 8.0, 8.1, 8.2, 8.3, 8.4, 8.5, 8.6, 8.7, 8.8, 8.11, 9.0, 9.1, 9.2, 9.3, 9.4, 9.5, 9.6, 9.7, 9.8, 10, 11
  • CentOS 8.x*
  • CentOS Stream 8*,9*
  • Oracle Linux 5.x、6.x、7.x、8.x*、9.0*、9.1*、9.2* - Unbreakable Enterprise KernelとRed Hat Compatible Kernelの両方
    ※セキュアブートが有効なOracle Linux 8.6以降にプロテクションエージェントをインストールする場合、カーネルモジュールに手動で署名する必要があります。カーネルモジュールに署名する方法の詳細については、こちらのナレッジベースの記事を参照してください。
  • CloudLinux 5.x, 6.x, 7.x, 8.x*
  • ClearOS 5.x、6.x、7.x
  • AlmaLinux 8.x*,9.0*, 9.1*, 9.2
  • Rocky Linux 8.x*, 9.0*, 9.1*, 9.2*, 9.3*
  • ALT Linux 7.0
    *バージョン8.4以降、4.18から5.19までのカーネルでのみサポートされています。
Exchangeエージェント(メールボックスバックアップ用)
  • Windows Server 2008: Standard、Enterprise、Datacenter、Webの各エディション(x86、x64)
  • Windows Small Business Server 2008
  • Windows 7: すべてのエディション
  • Windows Server 2008 R2: Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation、Web の各エディション
  • Windows MultiPoint Server 2010/2011/2012
  • Windows Small Business Server 2011: すべてのエディション
  • Windows 8/8.1 – Windows RTエディションを除くすべてのエディション(x86、x64)
  • Windows Server 2012/2012 R2: すべてのエディション
  • Windows Storage Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
  • Windows 10: Home、Pro、Education、Enterpriseの各エディション
  • Windows Server 2016: Nano Server以外のすべてのインストールオプション
  • Windows Server 2019: Nano Server以外のすべてのインストールオプション
  • Windows 11 - すべてのエディション
  • Windows Server 2022: Nano Server以外のすべてのインストールオプション
Microsoft 365エージェント
  • Windows Server 2008:Standard、Enterprise、Datacenter、Web の各エディション(x64のみ)
  • Windows Small Business Server 2008
  • Windows Server 2008 R2:Standard、Enterprise、Datacenter、Foundation、Web の各エディション
  • Windows Home Server 2011
  • Windows Small Business Server 2011:すべてのエディション
  • Windows 8/8.1:Windows RT エディションを除くすべてのエディション(x64のみ)
  • Windows Server 2012/2012 R2:すべてのエディション
  • Windows Storage Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016(x64のみ)
  • Windows 10:Home、Pro、Education、Enterprise の各エディション(x64のみ)
  • Windows Server 2016 – Nano Server 以外のすべてのインストールオプション(x64のみ)
  • Windows Server 2019 – Nano Server 以外のすべてのインストールオプション(x64 のみ)
  • Windows 11 - すべてのエディション
  • Windows Server 2022: Nano Server以外のすべてのインストールオプション
Oracle エージェント
  • Windows Server 2008R2 – Standard、Enterprise、Datacenter、Webの各エディション(x86、x64)
  • Windows Server 2012R2 – Standard、Enterprise、Datacenter、Webの各エディション(x86、x64)
  • Linux - Linuxエージェントによってサポートされているすべてのカーネルとディストリビューション
VMwareエージェント(仮想アプライアンス) このエージェントは、ESXi ホストで実行する仮想アプライアンスとして提供されます。

  • VMware ESXi 4.1、5.0、5.1、5.5、6.0、6.5、6.7、7.0
エージェント for VMware(Windows) このエージェントは、上記の Windows エージェントのオペレーティングシステムで実行する Windows アプリケーションとして提供されます。
ただし次の例外があります。

・32 ビットの OS はサポート対象外です。
・Windows XP、Windows Server 2003/2003 R2、Windows Small Business Server 2003/2003 R2 はサポート対象外です。
 
エージェント for Hyper-V
  • Windows Server 2008(x64 のみ)with Hyper-Vのロール: Server Coreインストールモードを含む
  • Windows Server 2008 R2 with Hyper-Vのロール: Server Coreインストールモードを含む
  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2
  • Windows Server 2012/2012 R2 with Hyper-Vのロール: Server Coreインストールモードを含む
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2
  • Windows Server 8、8.1(x64 のみ)(Hyper-V 使用)
  • Windows 10:Pro、Education、Enterpriseエディション(Hyper-V 使用)
  • Windows Server 2016 with Hyper-V:Nano Server 以外の全インストールオプション
  • Microsoft Hyper-V Server 2016
  • Windows Server 2019 with Hyper-Vのロール: Nano Server以外の全インストールオプション
  • Microsoft Hyper-V Server 2019
  • Windows Server 2022: Nano Server以外のすべてのインストールオプション
エージェント for Virtuozzo
  • Virtuozzo 6.0.10 〜 6.0.12、7.0.13、7.0.14
  • Virtuozzo Hybrid Server 7.5
Virtuozzo Hybrid Infrastructureエージェント
  • Virtuozzo Hybrid Infrastructure 3.5, 4.0, 4.5, 4.6, 4.7, 5.0, 5.1, 5.2, 5.3
Scale Computing HC3エージェント
  • Scale Computing Hypercore 8.8, 8.9, 9.0, 9.1
oVirtエージェント
  • Red Hat Virtualization 4.2, 4.3, 4.4, 4.5
Synologyエージェント
  • DiskStation Manager 6.2.x

Synologyエージェントは、Intelプロセッサを搭載したNASデバイスのみをサポートしています。ARMプロセッサを搭載したデバイスには、エージェントをインストールできません。


エージェントのシステム要件

エージェント インストールに必要なディスク領域
エージェント for Windows 1.2GB
エージェント for Linux 2 GB
エージェント for Mac 1GB
SQLエージェントとWindowsエージェント 1.2GB
ExchangeエージェントとWindowsエージェント 1.3GB
データ漏洩防止エージェント 500 MB
Microsoft 365エージェント 500 MB
Active DirectoryエージェントとWindowsエージェント 2 GB
VMwareエージェントとWindowsエージェント 1.5GB
Hyper-VエージェントとWindowsエージェント 1.5GB
VirtuozzoエージェントとLinuxエージェント 1GB
Virtuozzo Hybrid Infrastructureエージェント 700MB
OracleエージェントとWindowsエージェント 2.2GB
OracleエージェントとLinuxエージェント 2 GB
 エージェント for VMware(仮想アプライアンス) こちら の「エージェントのシステム要件」をご確認ください
 Scale Computing HC3 エージェント こちら の「エージェントのシステム要件」をご確認ください
oVirtエージェント こちら の「エージェントのシステム要件」をご確認ください

バックアップ操作には、バックアップのサイズ 1TB あたり約 1GB の RAM が必要です。エージェントが処理するデータの量や種類により、メモリ消費量は増減する場合があります。

ブータブル メディアまたは再起動によるディスク復元には 1GB 以上のメモリが必要です。

※サイズが非常に大きいバックアップセット(4TB以上)のバックアップを行う場合、RAMの使用量は増加する可能性があります。


アプリケーション

アプリケーション OS
Microsoft Exchange Server Microsoft Exchange Server 2019: すべてのエディション。
Microsoft Exchange Server 2016: すべてのエディション。
Microsoft Exchange Server 2013: すべてのエディション、累積的な更新プログラム 1(CU1)以降。
Microsoft Exchange Server 2010:すべてのエディション、すべてのサービスパック。メールボックスとメールボックスアイテムの復元は、Service Pack 1(SP1)以降でサポートされています。
Microsoft Exchange Server 2007:すべてのエディション、すべてのサービスパック。メールボックスとメールボックスアイテムの復元は、サポート対象外です。
Microsoft SQL Server Microsoft SQL Server 2019
Microsoft SQL Server 2017
Microsoft SQL Server 2016
Microsoft SQL Server 2014
Microsoft SQL Server 2012
Microsoft SQL Server 2008 R2
Microsoft SQL Server 2008
Microsoft SQL Server 2005
上記のSQLサーバーのバージョンでは、SQL Server Express エディションもサポートされています。
Microsoft SharePoint Microsoft SharePoint 2013
Microsoft SharePoint Server 2010 SP1
Microsoft SharePoint Foundation 2010 SP1
Microsoft Office SharePoint Server 2007 SP2*
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 SP2*
* これらのバージョンと一緒に SharePoint Explorer を使用するには、データベースを接続する SharePoint 復元ファームが必要です。

データの展開元のバックアップとデータベースは、SharePoint Explorer がインストールされている場所と同じ SharePoint バージョンのものである必要があります。
Oracle データベース Oracle データベース バージョン 11g(すべてのエディション)
Oracle データベースバージョン 12c(すべてのエディション)
単一インスタンスの設定のみがサポートされます。


モバイル

Android Android 7.0 以降
iOS iPhone、iPad、iPod (iOS 12 以降)


ブラウザ

  • Google Chrome 29 以降
  • Mozilla Firefox 23 以降
  • Opera 16 以降
  • Microsoft Edge 25 以降
  • macOS および iOS オペレーティングシステムで稼働する Safari 8 以降

他の Web ブラウザ(他のオペレーティングシステムで稼働する Safari ブラウザなど)では、ユーザーインターフェースが正しく表示されないか、一部の機能が使用できない場合があります。

4774838369039

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています