参照

詳細な情報はメーカーのドキュメントをご確認ください。

※Druva のクラウドサービスは段階的に更新されています。ここに記載されている更新プログラムがまだ表示されていない場合は、ご利用のリージョンにより順次利用できるようになります。詳細については、「 Druva Cloud Upgrade Process」を参照してください。

 

2024年 1月 22日更新

NAS

【新機能】

▼NAS APIを使用したバックアップ/リストアジョブの管理

Druvaは以下のジョブ管理APIを導入しました。

  • オンデマンド・バックアップ
  • オンデマンド復元
  • バックアップ ジョブのキャンセル
  • 復元ジョブのキャンセル

これらの API を使用して、バックアップと復元のジョブを作成およびキャンセルできます。詳細については、Phoenix開発者ポータルの API reference documentationを参照してください。

必要な顧客アクション: なし。

 

2024年 1月 15日更新

NAS

【新機能】

▼NAS APIを使用してすべてのスナップショットを一覧表示

List all snapshots API を使用して、特定のバックアップ セットのすべてのスナップショットを一覧表示できます。詳細については、Phoenix開発者ポータルの API reference documentationを参照してください。

必要な顧客アクション: なし。

 

【機能拡張】

▼NASでのスマートスキャンの廃止

PhoenixはNASワークロードのスマートスキャン機能のサポートを終了しました。既存の Advanced Smart Scanメカニズムが自動的にトリガーされ、ファイルシステムスキャンが実行されます。

お客様のアクションが必要: エージェントをバージョン 6.3.1 以降にアップグレードします。

 

▼NAS APIの改良

以下のNAS APIはいくつかの変更が行われているため、一時的に削除されています。更新された API は、今後のリリースで公開される予定です。

  • ジョブを取り消す
  • オンデマンドバックアップ 

必要な顧客アクション: なし。

【改訂履歴】

Enterprise Workload の新しいエージェントとプロキシは、サポートされているすべての AWS リージョンで、遅くとも来週の月曜日までにダウンロードできるようになります。

プラットホーム 改定 パブリッククラウド Govクラウド

Windows(ファイルサーバー、MS SQL)

6.3.5-425213

   

 

 

                     tick.png

 

 

 

                                 tick.png

Linux (ファイルサーバー)

6.3.5-425213

NASの

6.3.5-425213

VMware Backup Proxy

6.3.5-425220

Phoenix AWS Proxy

6.3.5-425214

Hyper-V FLR Proxy

6.3.4-402306

CloudCache (Windows) 

4.2-402269

CloudCache (Linux) 

R1の:4.2〜402269

R3の:6.0.0-387860

Oracle(Phoenix Backup Restore)

6.3.5-425230

Oracle (Direct to Cloud)

6.1.2-408147

Nutanix AHV

6.3.5-387093

Cross.png

SAP HANA

7.0.0-327748

Cross.png

2024年 1月 3日更新

NAS

【機能拡張】

▼NASでのスマートスキャンの廃止

2024年 1月 22日より、PhoenixはNASワークロードのスマートスキャン機能のサポートを終了します。既存の Advanced Smart Scan メカニズムが自動的にトリガーされ、ファイルシステムスキャンが実行されます。

必要なカスタマーアクション: 高度なスマートスキャンを使用するには、エージェントをバージョン6.3.3にアップグレードする必要があります。

8771554919951

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています