バックアップ設定方法について

フォローする

バックアップの頻度や世代の残り方の設定は、クライアントソフトの 設定 > 拡張機能 から変更することができます。

 

1. バックアップ開始

「常時 → 指定した時間内」と変化します。常時バックアップ可能な状態か、指定した時間内のみバックアップ可能な状態とするかの選択ができます。
「指定した時間内」を選択すると、開始時刻、終了時刻、曜日の選択ができます。 

※「指定した時間内」設定の詳細はこちらをご覧ください。

2. バックアップ選択項目を再スキャンする頻度

ファイルの変更点や削除されたファイル等を検知するための全体スキャンを行う頻度を設定します。

※ 初回バックアップに時間がかかる場合は、実施する日数を伸ばしてください。
※ 設定する時間や日数が短い場合、バックアップが完了しない場合があります。スキャン間隔を調整してご利用ください。
※ 「バックアップ開始」を「指定した時間内」に変更する場合は、全体スキャンの開始時間をバックアップ の開始時間と同じ時間に設定してください

3. 頻度とバージョン

ファイルのバックアップの頻度や、バックアップしたファイルの世代数の設定、保存期間を設定します。

4. 除外するファイル名のパターン

バックアップから除外したい末尾の拡張子や文字を入力します。

※ 正規表現による除外も可能です。設定の詳細はこちらをご覧ください。

5. バックアップ拡張設定

重複防止機能、圧縮、暗号化の有効、常にファイルを監視、編集中(ロックされた)のファイルのバックアップの設定ができます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント