キャッシュ削除手順

フォローする

以下の手順にて、クライアントソフトのキャッシュを削除します。

<Windows>

  1. サーバーマネージャーを開き、下記の順に進み、
    「CrashPlan Backup Service」を停止します。

    構成 > サービス > CrashPlan Backup Service > サービスの停止 

  2. 下記キャッシュフォルダを削除します。

    [Windows Vista / 7 / 8 / 10 / Server 2008 / 2012] 
     C:\Program Files\CrashPlan\cache\

    [Windows XP / 2003] 
     C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\CrashPlan\cache
    ※ 現在、BackStore における Windows XP、2003、Vista のサポートは終了しております。

    [上記にない場合] 
     C:\ProgramData\CrashPlan\cache\

  3. サーバーマネージャーを開き、下記の順に進み、
    「CrashPlan Backup Service」を開始します。

    構成 > サービス > CrashPlan Backup Service > サービスの開始

※ キャッシュ削除後、キャッシュの再作成・保存先への同期に時間がかかる場合がございます。

<Mac>

  1. アプリケーション > ユーティリティのターミナルを起動し、
    以下のコマンドにてエンジンを停止します。

    root ユーザ、あるいは、sudo にて
    /bin/launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.crashplan.engine.plist

  2. 下記キャッシュフォルダを削除します

    /Library/Caches/CrashPlan

  3. エンジンを起動します。

    /bin/launchctl load /Library/LaunchDaemons/com.crashplan.engine.plist

※ キャッシュ削除後、キャッシュの再作成・保存先への同期に時間がかかる場合がございます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント